ABOUT US

WIN-Labについて

本研究課題は、イノベーション創出のプロセスにおける促進・阻害要因を、三つのステージ(アイデアの創造、アイデアの実行・製品化、競合他社との市場における競争)と、三つの分析レベル(国・産業・エコシステムレベル、企業レベル、チーム・個人レベル)から、経営学を主とする関連領域との学際的な視点を用いて、定量的分析を行うものである。研究対象は、企業のみならず、科学技術研究の主体である大学・研究機関などにおけるイノベーション創出も対象とする。本研究により、先行研究では独立的に探求されていたイノベーション創出のステージ、分析レベルの関係性を明らかにし、そのメカニズムをより定量的に明らかとすることが可能となる。

PROJECTS

研究プロジェクト

起業プロジェクト

more detail ≫

「失敗からの学習」プロジェクト

more detail ≫

連携構造プロジェクト

more detail ≫

社会制度プロジェクト

more detail ≫

MEMBERS

研究所員
山野井 順一 Junichi Yamanoi 商学部准教授
伊藤 秀史 Hideshi Ito 大学院経営管理研究科教授
エドマン ジェスパー カール ヨーラン 商学部准教授
大西 宏一郎 kouichirou Oonishi 教育学部准教授
大湾 秀雄 Hideo Oowan 政治経済学部教授
川上 智子 Tomoko Kawakami 大学院経営管理研究科教授
鬼頭 朋見 Tomomi Kito 創造理工学部准教授
佐山 弘樹 Hiroki Sayama 商学部教授(任期付)
清水 たくみ Takumi Shimizu 商学学術院准教授(任期付)
清水 洋 Hiroshi Shimizu 商学学術院教授
フランク ビョーン 商学部准教授
マレン ジョエル ベーカー 商学部准教授
三橋 平 Hitoshi Mitsuhashi 商学学術院教授
宮島 英昭 Hideaki Miyajima 商学部教授
村瀬 俊朗 Toshio Murase 商学部教授
矢後 和彦 Kazuhiko Yago 商学部教授
梁取 美夫 Yoshio Yanadori 南オーストラリア大学上級講師

NEWS&EVENTS

ニュース・イベント

NEWS

Generic placeholder image
Stockholm School of Economicsと合同で研究ワークショップを開催

早稲田大学イノベーション研究所(以下WIN-Lab)は、Stockholm School of Economics(以下SSE)と学術連携協定を結び、国際的な研究コラボレーションを推進しています。去る5月14日に、SSEのHouse of Innovationに所属するメンバーを早稲田へ招き、我々の連携のキックオフとなる研究ワークショップを開催しました。SSE側からはProf. Holmer Kok、Prof. Mark A. Conleyの2名、WIN-Lab側からは大湾秀雄教授、村瀬俊朗准教授、清水たくみ准教授の3名が研究報告を行い、相互に活発な議論が行われました。今後WIN-LabとSSEはより活発な研究交流を行い、その成果を国内外に向けて発信していきます。

Generic placeholder image
2019年度組織学会研究発表大会で研究成果を報告

駒澤大学で開催された2019年度組織学会研究発表大会(6月1~2日)にて、「失敗からの学習」プロジェクトの研究成果を発表しました。今回は、本プロジェクトが目下構築中の理論フレームワークを報告しました。いただいたコメントを取り込みつつ、さらにプロジェクトを推進していきます。
研究報告タイトル 高坂啓介・伊藤泰生・谷口諒・村瀬俊朗「組織はいかに失敗から学習するか-答えがわからない失敗からの学習プロセスにおける課題と展望-」

Generic placeholder image
Academy of Management 2019にて研究発表を実施

2019年の8月9-13日にかけて、米国ボストンにて第79回Annual Meeting of the Academy of Managementが開催されました。WIN-Labからは三橋平教授、Jesper Edman准教授、Joel Malen准教授、山野井順一准教授、清水たくみ准教授が、Paper sessionにて研究発表を実施いたしました。WIN-Labは、今後も研究成果を国際的に発信していきます。 大会Website: https://aom.org/Meetings/annualmeeting/2019/AOM-2019-Understanding-the-Inclusive-Organization.aspx 研究報告内容: • Datar, A., Mitsuhashi, H., & Nakamura, A. (2019) To be Vague, or Not to Be: Firms’ Avoidance of Vague Language and Performance below Aspirations. • Edman, J. & Oda, Y. (2019) Unintended Consequences: Institutional Work and the Inadvertent Maintenance of Grand Challenges. • Malen, J. (2019) Improving Environmental Performance: Competitor and Stakeholder Influences. • Yamanoi, J., Shimizu, T., & Nagayama, S. (2019) Attentional Allocation and Firm Performance: The Interactive Effects of Product Diversification.

VIEW ALL